Business WEB site where dream and vigour are sent
トップ ダイジェスト 講演会 時局社
夢と元気を発信するビジネスWEBサイト 21世紀は中部から WEB時局
MY LINK
時局8月号 2019
記事のダイジェスト
時局社講演会これまでの講師
株式会社時局社
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3-13-28
名駅セブンスタービル9F

TEL (052)551-2345
FAX (052)551-6060
E-mail:info@jikyokusya.com
時局ダイジェスト
 

126代目の徳仁天皇

日本水フォーラム代表理事 竹村 公太郎
地形・水・既存ダム生かし日本を“エネルギー列島”に

休日増に小躍りする怠け者天国日本

ファンができれば事業は成長する

年金制度における「不都合な真実」

子らの命を守るために根本的問題へ取り組みを

「MMT」対「主流派経済学」


人類とウイルス

地域災害史なども伝える身近な学びの拠点に
一宮市の歴史民俗資料館がリニューアル

「知っているつもり」「分かったつもり」の罠
~『白い巨塔』から学ぶ失敗の理由~


私論輿論
126代目の徳仁天皇
 神武天皇以来、今上天皇まで126代。日本以外の国で同じ系列の王制がこれだけ続いた国は存在しない。天皇家が長期にわたって続いたのは、天皇が権威として日本の象徴であり続けたからである。この天皇の継続性は古来、大嘗祭の儀式によって保障されてきた。今回の新天皇即位に伴う大嘗祭は、11月14日から15日にかけて挙行される予定になっている。



現代を斬る
地形・水・既存ダム生かし日本を“エネルギー列島”に
日本水フォーラム代表理事 竹村 公太郎
 3つの巨大ダム建設などに携わり、国土交通省河川局長も務めたダムのスペシャリスト竹村公太郎氏。独特の地形と気候を持つ日本列島各地に存在するダムの潜在力を説き、エネルギー自給率6%の危い現状からの脱却を訴える。
俵孝太郎が「今」を読む
休日増に小躍りする怠け者天国日本
  “魔の10連休”は、期間中に大きな自然災害や大事故、大事件は起きず、何とか無難に終わった。しかし、だからといって長い連休も心配するに及ばない、という話にはならない。国際化時代だ、世界標準だ、世界共通ルールだ、という一方で、日本でしか通用しないガラパゴス方式が、ケータイ以外にも多すぎる。休日もその一つで、日本独自の休日を増やし、遊んでばかりいて、どーする。


松下幸之助直伝/経営者心得帖
ファンができれば事業は成長する
 松下幸之助はお客さまでも、そうでない人とでも、人間として、誠心誠意、真心を込めて丁寧に接した。結果、多くの松下幸之助のファンができ、その方々は自ら熱心に松下電器の私設普及マンになってくれた。「お客さまづくり」だけであるならば、せいぜい算数級数的の拡大で終わる。しかし、「ファンづくり」によって、指数関数的成長を遂げるということは、知っておいた方がいいかもしれない。


須田慎一郎の時事コンパス
年金制度における「不都合な真実」
 金融庁が去る6月3日に公表した報告書が、まさに「大炎上」状態に陥っている。公的年金だけで豊かな老後が過ごせるとは思っていないにしても、いきなり老後に「約2000万円の蓄え」が必要と言われても、多くの国民は途方に暮れるだけだろう。とはいえ、この報告書の一部を切り取って政治問題化するのは、あまりにナンセンスだ。

寺脇研が見つめる社会の交差点
子らの命を守るために根本的問題へ取り組みを

 子どもに関する痛ましいニュースが続いている。大津市で保育園児が交通事故に巻き込まれ、川崎市では通学途中の小学生らが男に襲われた。いずれも自衛措置で防げるものではなかった。口先で安全確保を叫ぶのでなく、もっと根本的問題を考えるべきだ。よそ事のように論評するだけでは、真に子どもたちの命を守る社会は作れない。

三橋貴明の経世論
「MMT」対「主流派経済学」
 デフレ脱却を目指していたはずの「いわゆるリフレ派」の学者、官僚、エコノミストまでもが、MMT ( 現代貨幣理論) について「インフレ率をコントロールできなくなる」と批判を展開している。なぜなら「いわゆるリフレ派」も主流派経済学の一派に過ぎず、主流派がインフレを敵視しているためだ。そして注目すべき点は、主流派経済学が民主主義を信用していない点だ。
医の玉手箱
人類とウイルス
 
 人類の歴史を変えたことさえあるウイルス。その脅威は、医学の進んだ現代社会にあっても取り除くことはできていない。ウイルスは遺伝子がタンパク質の衣を着ているだけという非常に単純な構造をしている物質で、細菌とはまったく違う。ワクチンを接種しても50~70%の人には効果がなく、治療法も不明の新種ウイルスも続々と登場。健康な生活習慣こそ、人間がウイルスと共生するための有効な方法といえる。

フラッシュ
地域災害史なども伝える身近な学びの拠点に
一宮市の歴史民俗資料館がリニューアル
 
 木曽川に面した美濃路の「起宿」などを紹介する「一宮市尾西歴史民俗資料館」が新装。濃尾地震や伊勢湾台風の展示を設けるなど、身近な情報を伝える施設へと生まれ変わった。

妹尾教授のビジネス探訪
「知っているつもり」「分かったつもり」の罠
~『白い巨塔』から学ぶ失敗の理由~

 5月下旬、山崎豊子の代表作『白い巨塔』が再度テレビドラマ化された。この社会派ドラマにはマネジメントの参考になる点もある。なぜ財前五郎ほどの頭脳と腕を持った男が、誤診をした上に裁判で負けるという大失策を犯したのか。「知ること」は必ずしも「分かること」ではない。一番危ういのは「こんなこと、言われなくても分かっているよ」という反応である。


情報パレット
マイカーを格安で広告に
ユーザーには広告収入

オートプラス
 自動車販売などを展開するオートプラスは、個人が所有する車のリアガラスに企業の広告を貼付し、広告収入を得る仕組みを構築。新規事業「マイカースポンサー」を立ち上げた。


どんな人でも結婚を実現
相談者が急増中

プリヴェール
 愛知県内で婚活、結婚相談所を営むプリヴェールは、「どんな人でも必ず結婚できる」をコンセプトに30代、40代はもちろん、シニア世代や外国人、再婚者などさまざまな人の結婚をサポートし、相談者を増やしている。

オンデマンド印刷を活用し
効果的な広報活動を支援

マツモト印刷
 パンフレットやポスターカタログ、リーフレット、DMなどのデザイン、制作を手掛けるマツモト印刷は、依頼通りの印刷を行うというこれまでの方法だけでなく、印刷物などを活用した最適な広報活動の支援を行う提案型の印刷会社を目指し、その仕組みを確立しようとしている。


施設内環境をモニタリング
農業の安定供給を実現

IT工房Z
 IoTサービスのコンサルティング業などを手掛けるIT工房Zは、ビニールハウスなどで農作物を栽培する農業法人など向けに、ICT(情報通信技術)を活用した施設内の環境データをモニタリングし、いつでも確認できる「あぐりログ」サービスの提供を行っている。




芯の見える練習用ボールでサッカーW杯優勝を
A to KA
 AtoKAは、サッカー技術を飛躍的に向上させる屋内練習用のボール「hinomarc.(ヒノマール)」を開発し、小学校低学年が所属するサッカーチームなどで活用してもらおうと、積極的にPRしている。

▲TOP

Copyright (C) 2005 jikyokusya. All Rights Reserved.