Business WEB site where dream and vigour are sent
トップ ダイジェスト 講演会 時局社
夢と元気を発信するビジネスWEBサイト 21世紀は中部から WEB時局
MY LINK
時局6月号 2020
記事のダイジェスト
時局社講演会これまでの講師
株式会社時局社
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3-13-28
名駅セブンスタービル9F

TEL (052)551-2345
FAX (052)551-6060
E-mail:info@jikyokusya.com
時局ダイジェスト
 

日本がスパイ天国と名指しされる訳

現在まで続く長州藩の歴史と伝統

日本アンガーマネジメント協会代表理事 安藤 俊介
怒りをうまくコントロールし自己受容で豊かな人生を
経営者は使命感を「悟ること」が大事

原油先物価格マイナスが示すシグナル

ちぐはぐなコロナ対策に翻弄される子どもたち

第二次世界恐慌


日本はいまだに「水戸黄門」的問題対処
~災害対応4原則で政府のコロナ禍対応を見る~

グラストップ
ピコレベルの高純度銀イオン水で作った除菌・消臭剤
高い殺菌力と安全性を併せ持つ「極銀水」


名古屋のスタートアップ企業が開発した新サービス
農家を支援する病害虫診断アプリ

俵孝太郎が「今」を読む
日本がスパイ天国と名指しされる訳
 日本が世界からスパイ天国と名指しされて、すでに久しい。しかしその表現が、日本では産業スパイはもちろん、軍事・治安に関しても、他国のスパイが野放し状態で横行していて、世界の標準的レベルの監視が行き届いているとは到底言えない、という意味であるのなら、それは正しくない。


私論輿論
現在まで続く長州藩の歴史と伝統
 長州藩(山口県)出身の総理大臣は多く、その占有率は3割以上にものぼっている。しかも、総理在任期間トップ4の安倍晋三、桂太郎、佐藤栄作、伊藤博文はそろって山口県出身だ。幕末の倒幕運動や明治維新の中心となった長州藩は、その後も日本政治をリードしてきたといえるのだろう。
現代を斬る
怒りをうまくコントロールし自己受容で豊かな人生を
日本アンガーマネジメント協会代表理事 安藤 俊介
 あおり運転をはじめ、怒りに駆られて“大人げない行動”に走る大人が昨今問題となっている。怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の日本の第一人者、安藤俊介氏に話を聞く。


松下幸之助直伝/経営者心得帖
経営者は使命感を「悟ること」が大事
 「何のために商売をするのか」という使命感をどの程度自覚するかによって、経営の一切が決まると思う。だが、「使命感を悟ること」は難事である。松下幸之助は悩みに悩み抜き、考えに考え抜いて、ようやく商売の使命感を確信することができた。経営者は考えて考え抜いて、その使命感を悟らなければならない。借りものの思いつきの使命感では、力強い経営はできないということである。
須田慎一郎の時事コンパス
原油先物価格マイナスが示すシグナル
 原油の先物価格がマイナスになるという異常事態が発生した。コロナショックを受けて、原油の需要が大きく低迷する中、供給を絞らなかったことが価格下落の原因だが、理由はそれだけではない。投資ファンドが損失拡大を恐れて、損切りに動いたのだ。つまり今の状況は、コロナショックの影響がいよいよ金融・商品マーケットに及び始めたということである。そして、その金融危機はコロナショックのゴールではない。


寺脇研が見つめる社会の交差点
ちぐはぐなコロナ対策に翻弄される子どもたち

2月末、ドタバタで始まった学校の臨時休業はさまざまな混乱を招いた。急に学校がなくなった子どもたちは戸惑い、子どもの居場所を確保しなければならない親たちは狼狽。学校生活に卒業式なしの寂しい終わり方をしたケースも多い。その一方、「勤労の権利」の制限は、学校より1ヵ月以上と、経済的側面を最後まで勘案してなかなか進まなかった。憲法上同等の規定であるにもかかわらず、大人の権利はぎりぎりまで守られ、子どもの権利は安易に遮断されたのである。今後、先の見えない長期学校休業にどう対応していくか。子どもたちは、前代未聞の状況にさらされていく。


三橋貴明の経世論
第二次世界恐慌
  先月号で日本経済は「令和恐慌」に突入したと書いたが、わが国にとどまる話ではなくなってしまった。「パンデミック」を受け、欧米など主要国は事実上、経済活動が「停止」した状況にある。第二次世界恐慌が始まったと、理解するべきだろう。それにもかかわらず、日本政府はまともな経済対策を打とうとしない。有害なプライマリー・バランス目標よりも「国民の生命」の方が大事であると考える筆者の価値観が間違っているのだろうか?


妹尾教授のビジネス探訪
日本はいまだに「水戸黄門」的問題対処
~災害対応4原則で政府のコロナ禍対応を見る~
 
  台湾や韓国、北欧諸国と日本とのコロナ禍に対する闘いぶりを比較すれば、もう日本は自らを先進国だとは言えない。災害時対応は、企業の不祥事対応と同様の側面があり、それに沿ってコロナ禍の日本政府の対応を見るとともに、国民的テレビ番組だった『水戸黄門』からも考えてみたい。マンネリ番組と言われたものの、42年間、1200回強の記録を誇るあの番組は、「様子を見るという決断の先送り」「切羽詰まった大忙しによる“働いた感”醸成」「権威と暴力による幕引き」という、問題的状況への日本の典型的対処法と、それに共感する人々の存在を示している。
  

話題の最前線
ピコレベルの高純度銀イオン水で作った除菌・消臭剤
高い殺菌力と安全性を併せ持つ「極銀水」
グラストップ
  新型コロナウイルス感染の脅威が収まらず、アルコール系除菌剤などの品薄状態が続く中、建物や車両などの洗浄およびガラスコーティングを事業の柱とするグラストップが、高い殺菌力と安全性を併せ持つ、ピコレベルの微小銀イオンを用いた除菌剤「極銀水」を商品化、供給を開始した。


フラッシュ
名古屋のスタートアップ企業が開発した新サービス
農家を支援する病害虫診断アプリ

 名古屋のスタートアップ企業、ミライ菜園が開発した病害虫診断アプリ「SCIBAI(サイバイ)」が話題だ。今年2月に同サービスを開始し、2022年3月期までに売上目標1億円、20万ダウンロードを目指す。

情報パレット
最高の居心地を実現し
充実した「家時間」を提供

ハルブランド
 建築デザイン、建築、工事、エクステリアなど住宅総合サービスを手掛けるハルブランドは、自宅で過ごす日常の生活を“遊び”に変える住まいや、「リゾートライフ」のような日常にはなかった暮らしを実現する住まいを提案する。




テイクアウト専門店
「MYOKOEN TEA STORE」

妙香園
   お茶の妙香園は4月1日、名古屋栄の地下街サカエチカにテイクアウトドリンク専門店「MYOKOEN TEA STORE」をオープンさせた。



オフィスの移転・開設を
ワンストップで解決
ビルプランナー
  オフィスや店舗、貸倉庫の仲介業や、不動産の有効活用を実現するコンサルティングなどを手掛けるビルプランナーは、企業や個人事業主のオフィス選びから、移転・開設までをトータルでサポート。さまざまなニーズに的確に応え、多くの顧客から絶大な信頼を獲得している。



情報漏えい防止に最適
「HDD物理破壊サービス」

ワラケン
  機密書類の保管や廃棄などを手掛けるワラケンは、ハードディスクからの情報漏えいを防止する「ハードディスク物理破壊サービス」を開始。法人から個人まで幅広く対応し、顧客のニーズに合わせた廃棄処分の実現で、情報漏えいを防ぐ。



創業30周年を迎え
新たなチャレンジへ
K.cip
  大手自動車メーカーに供給する部品の加工などを手掛ける「K.cip」(ケー・シップ)は、今年創業30周年を迎え、さらなる発展を目指している。




 
「想い」をカタチにする
真のオーダーメード住宅を
友紀建築工房

  新築注文住宅やリノベーションなどを手掛ける友紀建築工房の建築住宅が人気だ。名古屋エリアからの依頼も急増し、昨年、名古屋市中区に打ち合わせスペース「STOCK NAGOYA」をオープンさせた。







▲TOP

Copyright (C) 2005 jikyokusya. All Rights Reserved.