Business WEB site where dream and vigour are sent
トップ ダイジェスト 講演会 時局社
夢と元気を発信するビジネスWEBサイト 21世紀は中部から WEB時局
MY LINK
時局9月号 2017
記事のダイジェスト
時局社講演会これまでの講師
株式会社時局社
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3-13-28
名駅セブンスタービル9F

TEL (052)551-2345
FAX (052)551-6060
E-mail:info@jikyokusya.com
時局ダイジェスト
 

2017年は景気回復の年

いい物を安くたくさん「水道哲学」

堅調な株価から占う安倍政権の命運
日本インバウンド連合会理事長 中村 好明

真に開かれた国づくりが日本を縮小の危機から救う

デフレーションはなぜ起きる?(後編)

世界レベルには程遠い豊田真由子議員の罵詈雑言


国民の納得を得るまでが行政の「説明責任」

 

まだ「昭和」の経営をしているのか!?
―「モノづくり神話」に寄りかかる時代遅れ経営を卒業する―

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野 隆司

従業員が幸せになれば会社も伸びる!
人・組織・企業を変える“幸せの4因子”

カニエJAPAN会長 黒川 公明

事業のみならず多方面で卓越した行動力
熱い思いでガス事業と社会に貢献

運動器の専門家・柔道整復師が活躍
接骨院の上手な利用法
2017年は景気回復の年
 IMFは4月18日に発表した世界経済見通しで、2017年の世界全体の成長率は3.5%と、16年の3.1%を大きく上回ると予測。先進国グループは1.7%から2.0%へ、新興市場国も全体としては好調で、中国が若干成長率を落とすもののインドは6.8%から7.2%まで成長率が加速し、18年にはさらに上昇するとしている。また、15年からマイナス成長に陥っていたロシアとブラジルも資源価格の反騰を受けて、プラス成長に転ずると見られている。

いい物を安くたくさん「水道哲学」
 産業人の使命とは何か。それは、この世から貧をなくすこと。貴重な生活物資を水道の水のごとく、無尽蔵たらしめることである。松下幸之助が考えたこの「いい物を安くたくさん」という考え方は、世間に「水道哲学」と呼ばれ広まった。いい物が安くたくさんあれば幸福であり、人類はそれを願望している。松下はそうした人々の願望を、素直に自分なりの言葉に置き換えたのだろう。

堅調な株価から占う安倍政権の命運
 内閣支持率が続落し、政治情勢の不透明感が日に日に増す一方で、株価が意外にも堅調な動きを見せている。東京都議会議員選挙で自民党が歴史的大敗を喫し、マーケット関係者の多くは、株価が急落するという見方を強めていた。にもかかわらず株価は堅調に推移し、むしろ上昇する気配すら漂わせている。なぜ、政治情勢がこれだけ不安定化しているにもかかわらず、株価は下落していかないのか。

真に開かれた国づくりが日本を縮小の危機から救う
日本インバウンド連合会理事長 中村 好明
 インバウンド事業の第一人者として活躍し、近年では業界、ライバル関係を超えた連携活動を展開する中村好明氏。2020年の五輪後を見据え、日本の未来のために全産業による長期的視野でのインバウンド戦略が必要と熱く語る。

デフレーションはなぜ起きる?(後編)
 デフレーションとは「総需要の不足」という経済現象。では、なぜ総需要の不足が発生するのか。バブル崩壊で国民のバランスシートで借金だけが残り、将来不安が蔓延し銀行預金が増える。借金返済や銀行預金は、国民一人一人にとっては合理的だが、マクロ(国民経済)に合成されると最悪の結果をもたらす。デフレは合成の誤謬の産物なのである。


世界レベルには程遠い豊田真由子議員の罵詈雑言

 豊田真由子衆議院議員が、運転中の秘書に対して罵詈雑言をあらんかぎりの声で絶叫しているのをテレビで聞き、日本の国民性がよく表れていると思った。相手をののしる語彙は言語学で「罵倒語」、英語では「呪いの言葉」と呼ばれるが、中国語や韓国語には数百もあるし、英語やフランス語、ドイツ語などにも数限りない罵倒語がある。だが日本語にほとんど罵倒語が存在しない。それは日本人が人と人との和を重んじるからである。

国民の納得を得るまでが行政の「説明責任」
 加計学園問題は、「総理のご意向」などの発言を否定しているうちに問題の本質にまで及んできた。国家戦略特区制度によって認める際の条件をきちんとクリアしていたかどうかが怪しくなってきたのである。担当の内閣府は4条件を満たしていると主張する。しかし、主張するだけでは説明にならない。

まだ「昭和」の経営をしているのか!?
―「モノづくり神話」に寄りかかる時代遅れ経営を卒業する―
 筆者は最近、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」にはまっている。「懐かしき昭和」に満ちているのだが、それは「昭和」が歴史になったことを意味する。「昭和の経営」にはいくつもの特徴があるが、そのうち「7つのモノづくり神話」を紹介する。それらから急ぎ卒業していただきたい。


従業員が幸せになれば会社も伸びる!
人・組織・企業を変える“幸せの4因子”

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野 隆司
 国民の幸福度が諸外国に比べて低く、大企業で働く人でさえ幸せそうな顔が少ない日本。幸せのメカニズムを研究する前野教授は、幸せには4つの因子があり、それは個人だけでなく企業経営にも有効と説く。

事業のみならず多方面で卓越した行動力
熱い思いでガス事業と社会に貢献

カニエJAPAN会長 黒川 公明
 戦後の動乱期に愛知県西部の蟹江町で蟹江プロパンとしてプロパンガス供給事業をスタートさせた黒川公明氏。破天荒な経営手腕で事業を拡大させただけでなく、社会貢献でも大きな足跡を残してきた。


運動器の専門家・柔道整復師が活躍
接骨院の上手な利用法

 
 日本独自の治療方法である柔道整復術を駆使し、骨・関節・筋肉など運動器のけがを治癒に導く柔道整復師。さまざまな病気やけがの改善をうたう接骨院などがある中、良い柔道整復師に出会う方法を探ってみた。

うつくしきもの: EVOLUTION  進化という美
 
 「ランサー・エボルーションX 」このコンパクトセダンの範疇に入るクルマは、乗用車というには少し常軌を逸している。そのプロダクトの歴史は20世紀後半のラリーレースの歴史と重ねることができる。「サファリ・ラリー」で砂漠地帯を走り抜いていた頃から自動車のエレガントな世界やノーブルな生活とは全く違う方向へ進み、普通に走るには全く必要としない性能を内包している。と言うだけではなく、内包している物理的高機能の集合体が、精神的な高機能つまり「怪しい美しさ」を同時に持つのである。



 

  ▲TOP
 

Copyright (C) 2005 jikyokusya. All Rights Reserved.