Business WEB site where dream and vigour are sent
トップ ダイジェスト 講演会 時局社
夢と元気を発信するビジネスWEBサイト 21世紀は中部から WEB時局
MY LINK
時局2月号 2019
記事のダイジェスト
時局社講演会これまでの講師
株式会社時局社
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3-13-28
名駅セブンスタービル9F

TEL (052)551-2345
FAX (052)551-6060
E-mail:info@jikyokusya.com
時局ダイジェスト
 

GHQの洗脳に支配され戦後を検証しない日本人

シルバー世代は喜べないゴールドな10連休

明治維新とは何だったのか
日本経済大学大学院特任教授/100年経営研究機構代表理事 後藤 俊夫

伝統と革新を両立させる長寿企業は日本の宝

どこまで続く「安倍一強」時代

韓国映画から学ぶマスコミ情報との距離感

 

「勝てば官軍」では「負ける」

セカイズ代表取締役 谷村 尚則

独自のリユースシステムでBtoB事業を創出
循環型社会に新たな「世界図」を描く

英国を勝利に導いた「財政革命」

大有建設
日本の道路舗装の歴史を刻み再生資源活用や環境保全にも注力

GHQの洗脳に支配され戦後を検証しない日本人
  第二次世界大戦の終戦から73年が過ぎ、戦争を体験し、戦後の変化を知る世代がどんどん減っていく中、「GHQが日本をどのようにコントロールし、何を残していったかをしっかり検証しなければならない」と、ケント・ギルバート氏は声を大にする。そして、GHQの若手将校たちが速成した「日本国憲法」を頑なに守り続ける日本のあり方にも疑問を投げかける。

シルバー世代は喜べないゴールドな10連休
  今年の春が10連休になった。海外旅行業界を筆頭に、行楽・ショッピング・レジャーなどの業界も10連休は大歓迎だろう。しかし世の中、単純ではない。“土方殺すに刃物は要らぬ、雨の10日も降ればよい”と昔は言ったものだが、日給制の働き手以外にも、世間が正常に回転しないと困る存在がいる。在宅の高齢者や長期療養者だ。


明治維新とは何だったのか
  2018年は明治維新150年に当たるということで、さまざまな議論が展開された。一般的には薩摩と長州が中心となって幕府を倒して「開国」を実現し、富国強兵策によって欧米による植民地化を阻止したといわれるが、これは必ずしも正確ではない。開国政策を積極的に推進したのは薩長ではなく江戸幕府の側だったのだ。


伝統と革新を両立させる長寿企業は日本の宝
日本経済大学大学院特任教授/100年経営研究機構代表理事 後藤 俊夫 
 創業から100年を超える企業を“長寿企業”と名付け、日本にその数が突出することに着目し研究を続けてきた後藤俊夫氏。その多くはファミリー企業であり、日本文化に根差した経営姿勢でこの国を支えてきた存在の大きさを語る。


どこまで続く「安倍一強」時代
 安倍内閣の支持率が下落しているのにも関わらず、野党の支持率は上昇していない。このままいけば今夏の参院選でも野党に勝ち目はないだろう。だが、先の総選挙で与党が獲得したのは1800万票。わずか17%の得票率で、衆院で全体の三分の二もの議席を得ているのだ。こう見ると、次の総選挙で野党が政権を獲得することは全く不可能というわけではないように思える。だが、現状は相当にハードルが高いと言わざるをえない。




韓国映画から学ぶマスコミ情報との距離感

 韓国のドキュメンタリー映画『共犯者たち』は、1980年~2017年の保守政権時代にマスコミへの不当な政治介入が行われ、「共犯者」である魂を売ったテレビ局幹部を告発する。御用マスコミが国民に真実を伝えない社会はどうなるか――。折しも、従軍慰安婦問題や徴用工問題で、日本と韓国の間が微妙な時期。両国マスコミは相手国を批判する番組や記事を出しがちだが、こんなときこそ自分自身の耳目や感覚を大事にしたい。

「勝てば官軍」では「負ける」
 仏教書中心の堅い出版社が人気女優のヌード写真集を出した。写真集は話題となり、売り上げが伸びて利益は上がった。しかし、まもなく経営全体がうまくいかなくなった。本来の仏教書が売れなくなったからだ。経営は戦争だと表現することもできる。しかし、だからと言って「何をやってもいい、社格を壊しても商売は勝たなければならない」と考えてはいけない。「勝てば官軍」ではなく、勝ち方の美しさを競うべきである。


独自のリユースシステムでBtoB事業を創出
循環型社会に新たな「世界図」を描く
セカイズ代表取締役 谷村 尚則 
 BtoBの家電リユースというビジネスモデルを構築してきた「中部リユース」が、この1月から社名を「セカイズ」に変更。シェアリングエコノミーが浸透しつつある社会でさらなる躍進を目指す。




英国を勝利に導いた「財政革命」
 
 中世欧州で国王が戦争遂行のために公債を発行すれば、それは「国の借金」であり、将来世代へのツケの先送りだった。その「現実」をひっくり返したのが、人類史上初めて「中央銀行」を設立したイギリス(当時はイングランド王国)だ。第2次百年戦争に勝利するため、公債と引き換えで銀行券というおカネを発行させる仕組みを構築した。「財政革命」である。これによりイギリスはフランスに勝利を収め、世界の覇権国へと成長していった。



健日本の道路舗装の歴史を刻み再生資源活用や環境保全にも注力
大有建設
  日本、そして名古屋の道路舗装の歴史とともに歩んできた大有建設が2018年に創業90年を迎え、百年企業に向かって歩み始めた。環境改善効果のある素材や工法、再生資源活用技術への期待も高い。


IT人材教育事業の拡大でオフィス増床へ
コスモウィンズ
 
 IT人材派遣事業や再生可能エネルギーシステムの設計、施工、販売などを行うコスモウィンズは公共職業訓練受託校として運営する「コスモアカデミー」の受講者の増加に対応するため、昨年11月、入居するビル内でオフィスを増床した。

生産管理システム導入で短納期と遅れ解消を実現
浄心工業
 
 駅のホームでの重大な事故を防ぐため設置されている、緊急停止スイッチを備える「列車防護スイッチ」のボックス部分などの設計、製造を行う浄心工業は、生産管理システムによる短納期と遅延のない納品の実現で、顧客の信頼を高めている。


みなとアクルスに直結
「クルーズ名古屋」が人気
東山ガーデン
 
 飲食店の運営やケータリング事業を手掛ける東山ガーデンが運営する水上バス「クルーズ名古屋」が人気だ。
オフィスのリフォームで収益向上を実現
Imaeda Design
 
 デザイン性の高いリフォームなどを行うImaeda Designは昨年9月、オフィスをこれまでと同じ名古屋市中区だが、名古屋市営地下鉄栄駅や久屋大通駅に直結しているセントラルパーク6B出口からすぐのアクセス抜群の場所に移転した。

 


「カビ菌検査」の精緻化でカビ取りの質を向上
せら
 
 独自開発の「MIST(ミスト)工法」によるカビ取り、カビ対策を手掛けるせらは、カビによる疾病で苦しむ人の一助になると、新たに高性能マイクロスコープを導入し、「カビ菌検査」の精緻化を実現している。
 
オーダードレス制作で世界に一つのブランドを
アトリエニムラ
 オーダーメードのドレスなどを企画、デザイン、制作するアトリエニムラは、立体裁断によるパターン制作、最新の縫製技法によるフォルムづくりで、世界に一つしかない最高のドレスを制作し、顧客を感動させている。

 

Copyright (C) 2005 jikyokusya. All Rights Reserved.